アフィリエイトやるならコレに注意!外すと稼げない大事なこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

働き方改革もあってか、「副業として、アフィリエイトをやってみようかな」と考える人もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ただ、その一方で、「稼げないから、やめておけ」という声があるのも事実。

 

実際に私自身がアフィリエイトを運用してみて、これは注意したほうがいいということをまとめました。

AdSenseを取るか、他のASPを取るか

 

ブログから収益を得るとなると、まず考えられるのが、ブログ内にグーグルのAdSense(アドセンス)や、A8.netなどの広告を貼って収益を得るアフィリエイトです。

 

ただ、ここで気をつけないといけないのが、AdSenseと他のASP(アフィリエイトの広告の仲介業者)の違いです。

 

どちらを選ぶのかによって、記事の書き方も違ってきますので、その違いを押さえましょう。

 

AdSenseと他のアフィリエイトは共存不可?

 

グーグルのAdSenseは、クリック報酬型広告といって、記事上に表示された広告がクリックされるたびに報酬が発生します。

 

自分で広告を選んだりしなくても、グーグルが自動的に記事内容にあった広告を自動で配信してくれるので、管理するのが楽であり、商品やサービスの販売終了などによるリンク切れの心配がありません。

 

AdSense以外のアフィリエイトはどうかというと、広告の中にはクリックされれば報酬が発生するというものもあるものの、大部分はユーザーが商品やサービスを購入して、それが承認されて、はじめて報酬が確定するという成果報酬型広告です。

 

紹介したい商品やサービスの広告を、自分で自由に選べるというメリットがあります。

 

ここで大事になってくるのが、AdSenseと他のアフィリエイトを同時に運用するのは、ほぼ無理ということです。

 

AdSenseの審査に合格するためには、記事内容に非常に高いクオリティとオリジナリティを要求されます。

 

つまり、記事を書く人が、ある程度の知識や経験、経歴なんかを持っていて、その人でないと書けないような内容の記事でなければ、審査には合格できません。

 

一方の他のアフィリエイトはどうかというと、審査の無いA8.netは除いて、それなりに審査の厳しいところばかりです。

 

ただ、AdSenseのような高いオリジナリティが要求されるというほどのものではありません。

 

他人の記事のコピペなどではなく、自分の体験や考えなどがちゃんとまとめられた記事であれば、審査には合格できます。

 

この要求されるオリジナリティのレベルの違いが重要です。

 

商品やサービスの体験を記事にして紹介する場合、同じようにその商品やサービスを使った人はたくさんいます。

 

なので、よほどの独自の視点を持って記事を書けなければ、他の人と差別化をするのは難しいわけです。

 

ブログ内に、他のアフィリエイトでの商品やサービスに関する紹介記事があったとすると、かなり独自性の高いレビューを書けていなければ、グーグルからは、オリジナリティが低いと判断されてしまいます。

 

そうなると、AdSenseの審査にも通らないし、検索結果で記事が上位に表示されるというのも難しくなるわけです。

 

高いオリジナリティを要求してくるAdSenseと、他の人と差別化しにくい商品・サービスのレビューは、共存させるのは非常に困難であり、両方ともやりたいのであれば、それぞれ別のサイトで運用しないといけないということになります。

 

リスティング広告があるわけ

 

商品やサービスのレビュー記事は、内容の大部分が、他の人とかぶってしまいやすいため、オリジナリティが出しづらく、検索結果の上位に表示させるのも容易ではありません。

 

そこで、そのような記事を検索結果の上位に表示させるための仕組みとして、リスティング広告というものがあります。

 

早い話が、検索エンジン側に広告費を払って、特定のキーワードで検索されたときに、自分の記事が検索結果の上位に表示されるようにしてもらうことです。

 

こうすることで、それほど高いオリジナリティがなく、そのままの状態では検索結果の上位にいけないような記事でも、検索結果の上位に表示されます。

 

グーグルで検索した時に、検索結果の上位に表示されていて、そのサイトのアドレスの横に「広告」と表示されているものがありますが、アレがまさにリスティング広告です。

 

ただ、これをやってしまうと、自分の記事がクリックされるたびに広告費が発生し、なかなかコンバージョンの獲得(商品やサービスを購入してもらうこと)につながらないと、赤字にもなりかねません。

 

かと言って、やらないでいると、検索結果の上位に自分の記事が表示される可能性は低いわけですから、なかなか記事を読んでもらえません。

 

成果報酬型のアフィリエイトをやろうとなると、そのへんが難しくなってきます。

 

狙い目はこの分野

 

クリック報酬型広告にしても、成果報酬型広告にしても、読者に広告をクリックしてもらわないことには、何も始まりません。

 

そこで、とりわけクリックしてもらえる確率が高い分野を選ぶということが重要になってきます。

 

具体的に、どのような分野が狙い目なのかというと、美容ダイエット健康食品ファッションといった分野です。

 

なんとなく分かると思いますが、こういった分野は主に女性がターゲットになっています。

 

「きれいになって、モテたい!」という女性の欲求がからむ分野でもあるので、それなりの需要があり、商品やサービスの購入にも結びつきやすいんですよね。

 

また、女性は、男性に比べると口コミを気にする傾向にあります。

 

さらに、男性は自分の意志だけで決定を下すことが多いのに対して、女性は誰かの勧めによって決定を下すことが多いというところがあります。

 

そういった違いがあるということを分かったうえで、記事を書かないといけないんですね。

 

こういった男性と女性の意思決定のやり方の違いというのも押さえておかないと、アフィリエイトはうまくいきません。

 

その他の分野

 

女性をターゲットにした分野以外で、他に稼げそうな分野というと、金融(株、FX)保険就職・転職婚活などが挙げられます。

 

こういった分野は、成果報酬が高めに設定されていることもあり、一見すると、効率よく稼げそうな気がします。

 

しかし、同じ人が年に何回も購入するといったものではなく、しかも簡単に決断できるようなものでもありません。

 

コンバージョンまでつなげようと思うと、かなりの説得力も必要で、記事を書く側にも、それなりに信用力が無いと、完全にスルーされます。

 

資格を取ったり、それなりに活動実績があったりしないと、こういった分野で読者に役立つ情報を提供するということは、なかなかできません。

 

アフィリエイトなら、なんでも稼げるわけではない

 

「女性向けの商品やサービスになんて興味ないし、専門知識や活動実績もない!」という人には、書籍や日用品、便利アイテムの紹介などのアフィリエイトが考えられます。

 

しかし、これらのアフィリエイトは、報酬も低めに設定されている上に、なかなか売れません。

 

そこそこ売れたとしても、報酬単価が低いだけに、収入もたいしたことがないんですね。

 

とりわけ書籍は、一人一冊買えば、それでおしまいである上に、本を読まない人も増えたので、余計に興味を持ってもらえないわけです。

 

まあそれでも、書籍アフィリエイトについては、稼ぐ以外にも使い道はありますが。(詳しくはコチラ→書籍アフィリエイトは稼げない!それでもやるメリットとは

 

家電や便利アイテムを紹介するにしても、その商品のレビューを書く前に、まず自分自身が購入して使ってみないといけないため、その分の先行投資が必要になります。

 

さらには、その商品を紹介するために写真を撮るわけですが、その写真がいかにも素人っぽさが出ている写真だと、読者の購買意欲は一気に低下します。

 

なので、少し面倒ですが、写真撮影のテクニックも必要になってくるんですね。

 

こういう分野は、薄利多売なところがあるので、利益を出そうとなると、それなりのマーケティングセンスやライティングスキルが必要になってきます。

 

アフィリエイトを始める前に、まずはココをチェック!

 

アフィリエイトを始める前に、まず気をつけないといけないのが、どの分野で稼ぐのかということです。

 

ここをしくじってしまうと、いつまでたっても稼ぐことはできず、例えて言うなら、魚がいないところで釣りをするようなもの。

 

また、アフィリエイトで収益を上げるためには、そもそもブログ内に広告を貼れないといけません。

 

無審査で登録できるA8.netならまだしも、どこも提携審査が厳しいところばかりですので、「審査に通れないので、広告を貼れない!」となると、かなり厳しい状態になってしまうんですよね。

 

何度も審査に落ちてしまい、稼ぐどころではないという人も結構いますので、アフィリエイトを始める前に、こちらの記事も参考にどうぞ→アフィリエイトの審査に落ちた人に足りないものとは

 

その他にも、ライティングスキルを身につけておくということも重要です。

 

ライティングスキルといっても、ブログで書く文章は、国語の作文とは全く別物で、学校で習った作文は、ブログでは、ほぼ役に立ちません。

 

ブロガーの中には、句読点が平気で抜け落ちているような独特な文章を書く人もいたりするので、学校の国語で習った通りでなくてもOKなんですね。

 

大事なのは、読者の心に刺さることで、作文術なんかよりも、心理学の方が大事だったりします。

 

あと必要になってくるものといえば、マーケティングセンスで、どんなものが売れそうなのかや、どうやってアピールしたらよさそうなのかを判断する力も重要です。

 

アフィリエイトは、単なるお小遣い稼ぎではなく、れっきとしたビジネスだという認識を持ちましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

プロフィール&ご挨拶

コメントを残す

*